下肢静脈瘤の治療は早期が一番|レーザー治療で症状を改善

知っておくこと

脚

女性に多い病気として下肢静脈瘤があり、病院に行くことで治療することが出来ます。また、治療は手術になるのですが難しいものではなく、簡単に行なうことが出来る手術となっているので入院する必要もないでしょう。

詳細へ

40代以上で10人に1人

足元を触る女性

下肢静脈瘤は足の血管に血液がたまりこぶのように成長する病気です。40代以上の女性がなりやすく、約10パーセントの患者が存在しています。命にかかわる病気ではないため、急いで治療する必要性はありませんが、生活の質を落とす可能性があるため、医師の治療が必要になってきます。

詳細へ

静脈瘤を改善しよう

2人の医師

下肢静脈瘤は外科や血管外科で治療する事ができます。血管外科はまだ少ないですが今後は増えていくと予測されます。下肢静脈瘤は肌表面にボコボコと血管が浮き出てしまうため、足の見た目を気にする人にとっては大きなネックとなります。そのため、治療に取り組む人は多くなっています。

詳細へ

見た目の問題だけではない

マスクをつけた医師

放置するのは危険

脚の静脈には弁があり、逆流しない仕組みとなっています。しかし、何らかの原因で正常にその弁が機能しなくなると、血液が逆流し、下肢静脈瘤の症状が引き起こされます。下肢静脈瘤の症状としては、脚のむくみやだるさ、血管が浮き上がるなどがあります。一度壊れてしまった弁は自然に治るということはありませんので、治療が必要となります。下肢静脈瘤を放置することで、見た目が悪いだけではなく、血栓が出来る原因にもなります。血栓は血液により運ばれ、最悪の場合には肺塞栓症を起こす可能性があります。下肢静脈瘤の治療法はいくつかありますが、比較的短時間で処置が終了し、痛みが少ない、傷跡が小さいなどの理由からレーザー機器を使用した方法が人気を集めています。

様々な方法があります

下肢静脈瘤におけるレーザー治療とは、レーザーで症状を起こしている静脈を焼き、閉塞させるという治療法です。保険が適用される事もあり、他の治療法に比べて手頃な価格で処置を受けることが出来ます。また、入院の必要もありませんので、忙しいという人も気軽に治療を受けることが出来ます。下肢静脈瘤の治療法は一つではありません。それぞれの症状や状態に合わせて最適な治療を選択する必要があります。下肢静脈瘤に対する治療法は以前はそれほど多くはありませんでしたが、近年はクリニックにより採用している治療法が異なるなど、様々な方法があり、選択することが出来るようになりました。今後は、より体に負担の少ない方法が開発されると考えられます。